全国半月板損傷専門治療院 

半月板損傷は手術しないで回復できます。全国の半月板損傷治療の専門家をご紹介します。
ブログ

施術症例『半月板損傷、膝のロッキング』

施術症例『半月板損傷、膝のロッキング』

50代 男性 会社員

平成23年2月、運動中に膝のロッキング発生。接骨院へ3か月通い、50%回復。

同年6月、別病院へいき、MRI検査。半月板損傷と診断。手術は必要なしといわれる。

同年6月~8月、手技療法へ通い少しずつよくなる。

インターネットで検索し、を見てなかむら自然形体院へ来院。

現在の症状。

ジョギングの最中など、運動中に膝に引っ掛かる感じがある。

右膝に比べ違和感がある。正座ができない。

ほかに肩の痺れ、胃の働きが弱いように感じる。

全身を整えてから、膝の施術にはいる。

ロッキング現象は膝・大腿下腿の緊張状態を越した癒着が原因と考えられる。

緊張があると膝の曲げ伸ばしに影響を及ぼすのは考えればすぐにわかることだ。

まずは強く癒着した大腿裏部分を解消していく。

やわらかくなってきたので曲げ伸ばし、動いてもらうが症状の変化がない。

ほとんどはこの段階である程度の効果が感じ取れるのだが…

仰向けの状態で大腿前面を触診するとこちらも強い癒着が存在した。

前側も入念に解消して、また動かしてもらうと、さっき感じていた引っ掛かり、違和感がなくなった。

正座をしてもらい、時間がたってくると膝に痛みがでてくる。

繰り返し施術をしたがその部分がとりきれなかった。

痛みはなくなるが、しばらく動かした後に正座したら痛みがでる。

これは、膝の靭帯が緩んでいることが推測できるので自宅でできる自己ケア方法を伝え終了した。

翌週2回目の来院。

しゃがむ動作でぼんやりとした痛みがあったが施術後は解消。

違和感が若干残っているものの、動きに関しては問題がなくなった。

引き続き施術予定、経過報告を書きたいと思います。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

施術症例『半月板損傷、特定の動作で痛みが出る(フットサル)』

施術症例『半月板損傷、特定の動作で痛みが出る(フットサル)』

40代 男性 会社員

週に2回ほどフットサルをおこなっている。

以前、右膝前十字靭帯断裂したことがある。

昨年12月、フットサルをしている最中に右膝をねじる。

2,3日は日常生活にも支障がでる。病院へいくと半月板損傷と診断。

MRI検査で靭帯が緩んでいると指摘される。

リハビリ科でリハビリを続ける。

歩行、階段ののぼりおりでは痛みはない。

やっていないが、おそらくダッシュも可能だと思う。

力を抜いた状態で足を上げて下肢を回す動作で痛みがでる。

フットサルで、ボールをコントロールするためにボールに足を乗せた状態で移動するときに痛みがでる。

2、3日休養をとると痛みは治まり、上記動作をすると痛むの繰り返しで現在に至る。

なかなか完治せず、インターネットで検索し来院に至る。

ほかに1ヶ月前に右ふくらはぎを肉離れ。現在は痛みなし。

今年1月に左膝にねじれて外れた感覚がでた。

まずは検査。腕の長さ、骨盤、背骨と歪みが強くでている。

これではいくら睡眠をとっても疲れがとれない状態だ。

まず歪みを解消させてから膝の施術にはいる。

曲げ伸ばしでの痛みは全くない。目立った張りも緊張もない。

仰向けで足を上に挙げる。力を抜いて膝から下をグルグル回す…このときに痛みがでる。

これは膝に対してはもっともよくない動作といえる。

膝は前後の曲げ伸ばしの関節であるため、左右また回転が出来ない関節だ。

それをねじる、回す動作を繰り返すと痛めてしまう。

膝関節がねじれていたので解消、また動かしてもらう。

「さっきより痛みはなくなった。」

動作修正をしながら同じように動かしてもらう。

「だいぶ良いですね」

だが、手を離すとすぐに痛みがでる。

何回か繰り返すが、動作修正中は痛みはなくなるが痛みは完全にとりきれなかった。

リハビリの内容を聞くと、からだに負担のかかることが多く含まれていた。

膝の状態を伝え、やっていい動作、してはいけない動作等、日常生活の注意点を伝える。

リハビリのかわりに負担のかからないストレッチ法を伝えた。

靭帯が緩んでいるために繰り返しおこなうと痛みがでてくる。

靭帯の完全修復までおおよそ3週間。

1週間、セルフケアを続け、その間はフットサルも無理をしないように伝え終了した。

病院では、半月板損傷、靭帯に問題があると診断され、後は筋トレで筋肉をつけてカバーしようとする。

最近、リハビリを頑張っていたのに…これがいけなかったんですね…といった例が多くある。

痛みがあるうちは、まずその痛みの原因をとりのぞくことが先です。

痛みが無くなればいくらでも動けるようになり、

筋肉他組織もどんどん回復していきます。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

施術症例『半月板損傷、前十字靭帯損傷』

施術症例『半月板損傷、前十字靭帯損傷』

40代 男性 会社員

趣味でトライアスロンをおこなっている。

毎日ランニング、バイク、水泳の練習をおこなっている。

休みの日には1日数時間もの練習をしている。

22年6月、膝を痛める。

病院にいき半月板損傷、前十字靭帯損傷と診断。手術はせず。現在も痛みがある。

23年2月、痛風。かかとが腫れ歩行に支障あり。

netで半月板損傷、前十字靭帯を検索し、数件hit。

その中で総本部へ問い合わせをし、師匠の紹介でなかむら自然形体院へ来院。

長崎県から休みを利用してご来院。

3日間滞在とのことでこの期間に完治したいと予約がはいる。

1回目。

左膝の痛み。曲げ伸ばし時の痛み。正座ができない。

ほかに肩から首にかけて強い張り。右を向くと痛い。

大腿裏、下腿裏がガチガチに固まった状態。張り、癒着を解消する。

施術後、正座ができるようになる。(長時間おこなっていると痛みがでてくる)

肩首も右を向いても痛みはなくなる。少し重さが残る。

2回目。

膝、昨日施術後から来院まで長時間動かしていないので少し違和感がある程度。

肩首は1回目よりだいぶ良い。右を向いたときに肩甲骨内側に張り、重さがある。

ほかに動機がたまに。

下肢裏側の張りが少し残っているので、入念に解消。施術後は違和感もなく動かせるように。

久しぶりに正座をして、普通に動かせるようになり喜ばれていた。

肩首は、胸椎上部のズレは見られた。解消すると張り、重さも解消。

3回目。

膝、歩行時に外側に痛み。

動作修正、膝の歪みの修正をおこなう。

施術後、痛み、違和感なくなる。

計3回の施術でほぼ痛みがなくなる。

まだ痛めている部分と、休んでいる分筋力等落ちているので様子をみながら徐々にトライアスロンの練習をするように伝える。

遠方からの来院だったので、痛みが取れてよかった。

大会などにも参加しているようなのでチェックしていきたいと思います。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

打撲後の半月板損傷(膝内側の痛み)

半月板損傷(左膝内側の痛み) 大阪府 61歳 男性

・ランニング歴17年
・新聞折込を見て来院

三年前、左膝内側を強く打撲。
それから10キロ走ったぐらいにいつも痛みがでるようになった。

・病院診断結果
膝のスクリーニング検査を行い骨に異常なし。
半月板損傷。
打撲した筋肉の壊死で回復しないと診断。

・主訴・・・
膝内側触って痛みなし。
曲げて痛みなし。
ランニング10Kぐらいで痛みでる。

・状態・・・
膝内側痛みがでる場所に触れても痛みなし。
膝内側癒着している(べったりはりついている)。
大腿・下腿・臀部の張り強い(パンパン)。
右肩・右肩甲骨筋肉の緊張状態強いが、ご本人肩の痛みも無く特に気にならないとのこと。
仰臥位で右肩内側に巻き込んで肩が床に付かず浮き上がっている。

・施術・・・
全身の歪み整えMC・MCCにて両下肢+臀部の張りを取り
膝の手法+骨盤の歪み整える。
起き上がってもらい左膝内側の確認。
疲労が取れて軽くなったのはわかるが10Kランニングをしてみないと痛みを改善・消失されたかどうか
わからないとのこと。
施術前と後では軽くなり疲労回復した実感あるとのこと。
本日の施術終了。
施術後、初回施術のみで下肢の筋肉の緊張状態は取れて柔らかく自然な弾力性に改善されました。

それから、数時間後に℡あり。
『先ほど、15kランニングしましたが3年間あった痛みが無くなりました』とご報告ありました。

施術前にフルマラソンを目標にして治したいとお話しされましたが・・・
これでフルマラソンが実現できますね。


愛自然形体院 膝専門
大阪府泉南郡熊取町小谷南3丁目3-10
090-1442-1502
藤木美和

半月板損傷と鵞足炎

22才 女性 会社員 大阪府

左膝半月版損傷
右膝鵞足炎

お母さんがホームページで検索して来られる。

左膝は昨年5月違和感が出るその後鵞足炎になり半月版損傷
右膝は昨年7月鵞足炎

左膝は歩行は痛みはましだが深く曲げると痛い。
右膝に最近痛みを感じてきた。

今後仕事で重いものを持つことがあるので今のうちに改善したいとのことで
1泊2日で施術に来られる。

施術を開始、筋肉は触ると全身張りが強くパンパンの状態。どこに痛みが出ても
おかしくない状態である。お母さんに今の身体の状態を見ていただき説明をする。

施術後自己療法を受講。身体の手入れの仕方や痛みのとり方を指導する。
二日目、自己療法がきちんと出来ているかチェックして施術を開始する。
昨日よりは筋肉の張りに変化が出てきて柔らかい筋肉になってきている。
今後が楽しみである。

関西予防医術研究所はただ膝の痛みが取れれば良いという考え方ではなく、
痛みが消失してから再発の防止、身体の手入れを続けることで疲労が取れやすい
身体に変えていく予防ということに力を入れています。

何回も施術に通わなくても自分で自分の身体をケアして健康で明るい毎日が
過ごせるようにお手伝いしています。

さてこの方重いものを持つ仕事をする前に一度来てくださいと言っていたのですが
忙しくしていて約3ヵ月後に来院。毎日仕事に追われて自己療法は出来ることだけ
しているとのこと。全速力で走ることがあると左膝に痛みが出るという。

正座は出来るようになったと嬉しい報告である。
(「あれからどうされているかなあ?」その後の状態が気になっていたので
症例報告が今になった。)

身体のケアをチェックをすると一番大切なことが出来ていない。
「それが一番大事な体操!!」
もう一度指導しくれぐれも忘れないようにとお話をしました。

施術をすると以前とは違い筋肉が柔らかくなっている。今日伝えたことをきちんと
すれば痛みは完全に消失する状態になった。

これで安心して仕事に打ち込める!!
お母さんも安心の笑顔!

自分で施術するために以前レンタルしていたマザーキャットを購入して毎日の
疲労を取りますと親子仲良く帰っていかれました。

関西予防医術研究所はアットホームな雰囲気の中できちんとした結果を出して施術を
行っています。その結果、信頼していただき家族、知人、チームメイトなどが口コミ
で来られています。

1泊2日で施術に来られたときのご本人とお母さんの感想を頂いています。

 

●ご本人からのご感想
ご本人からのご感想

 

●お母様からのご感想
お母様からのご感想

 

関西予防医術研究所
京都市南区西九条蔵王町53
ケンジントンハウス406号室
075-661-1662

関西予防医術研究所長浜出張所
滋賀県長浜市小室町555
0749-53-4321

中村美由紀

登山で痛めた膝の痛み

44歳男性  会社員  

趣味 登山
整形外科で受診、MRIでの結果
左膝半月板水平断裂
右膝膝蓋腱炎

左膝は登山中転んで強く打った。
・階段の下りが痛い。
・立つとき、座るときにズキッとする痛みがある。

右膝は10数年前に登山中痛める。
・ロッキング
・屈曲で痛い

お話をしていると毎日近くの山を登っている。週末には少し高い山を登る。
シーズンにはテントを持ってアルプスのほうに登山に行っているとのこと。

とにかくこの方は登山が生活の一部になっている。

半信半疑で来院してこられました。
身体の歪みを検査し自然形体療法独自の施術道具のマザーキャットを使用し
筋肉や靭帯を調整し施術をし痛くなる動作をしてもらう。
痛みが残っているところを調整すると痛みが消失。1回目の施術は終了。
1週間後2回目の施術と自己療法の講座を受講されました。

関西予防医術研究所では自分で痛みを取る方法や
身体の疲労の取り方のレッスンが受講できる講座を開設しています。
受け手にとって今後再発しないように、そしていつも良い状態をキープして
生活ができるように指導しているので大変喜ばれています。

どうすると痛みが出るか?その痛みをどうすれば取れるか。
みなさん原因が違うのでその方に合った痛みの取り方を一つ一つ丁寧に指導していきます。
教えたとおりに自分でやってみて痛みがとれるとビックリと感動で満面の笑みです。

施術道具のマザーキャットもレンタルをしているので安心して自分で施術出来ます。

秋にはアルプスに行くとの事で喜んで帰って行かれました。
2回の施術と自己療法で完結です。

さてさて、
関西予防医術研究所は通院回数を減らすことを第一目標にしています。

固定客はいらない。できるだけ少ない通院回数で終わることを目指しています。
自己療法をお教えして実践してもらうことでそれは可能です。
治療院任せでは本当の健康を手に入れることはできません。
悪くなった原因を知り、是正すること。
自分でできる正しい手入れ法を身につけること。
そうして二度と再発しない自分になることが大事です。

ついでにご家族の誰かに肩こりや腰痛、膝の痛みで苦しむ人がいれば、同一料金で
その解消法も手入れ法も一緒にお教えしてしまうんです。
要はご家族みんなで健康になって頂きたいと思っています。

全部教えたら「治療院は患者さんが減ってしまうのではありませんか?」という声が聞こえてきます。

違うんです。全部お教えして、痛くなくなった。良くなった、という本当の喜びをプレゼントすると、
その方には親戚もいれば、職場の同僚も、ご近所の方もいる。
周りに痛みで苦しむ人がいたら、必ずあそこはいいよと言って下さるんです。
だから、お陰さまでいつもたくさんの人が来てくださいます。

関西予防医術研究所
京都市南区西九条蔵王町53
ケンジントンハウス406号室
075-661-1662

関西予防医術研究所長浜出張所
滋賀県長浜市小室町555
0749-53-4321

安田 健太郎

半月板損傷と診断されて、手術か温存かの選択

36歳 男性 デスクワーク

2年前から右膝に痛みがあった。
軽い痛みだったので、そのままスポーツを続けていた。

接骨院で治療を受けていたが変化が無く整形外科を受診した。

診断は、半月板損傷で内視鏡手術を受けるか温存かの選択で
迷われていましたが、7年前にも右ひざの前十字靭帯断裂と
半月板の縫合手術を受けており、手術をしたくないとの事で
HPで検索して来られました。

現在の症状

2年前から右ひざを、ひねる動作をするとチクチクと痛む。
階段を降りるときに痛む。

触診をしていくと、手術後の傷のところが固くなり、
触ると痛みを感じました。

大腿から脹脛にかけてMCCクッションを丸めてポンポンし、
疲労と筋肉の癒着を解消していきました。

膝の手術跡から周りにかけて、筋肉の癒着、剥離痛があり
マザーキャットで癒着を解消し、剥離していた筋肉の修復をする手法で
触っても痛みはありませんでした。

1週間に1度、計3回の施術で終了となりました。

3か月後に膝の曲げ伸ばしと、脹脛に張りがあると来られました。

「お正月のお休みの間に、続けてバスケットをやり疲れたのかもしれません」と患
者さん。

施術後は、痛みも張りもなくなりました。

IMG_20150129_103915(2)

 
寺田自然形体研究所
静岡県藤枝市高柳1663-1
054-636-0843
寺田千恵美

膝内側半月板変性断裂

58才 男性

<主訴>
7月、左膝に違和感(引っかかる感じ)を感じる。
バドミントンを2時間したところかなり痛くなり、特に階段の下りが痛い。
整形外科に行き、しばらく痛みは軽くなったが、重い台車を運び、また痛くなった。
MRIで左膝内側半月板変性断裂と診断される。

<初回>
半月板損傷の対応の基幹の型で施術をおこない全身のバランスを整え、体全体の疲労をとりさる。
施術終了後、立ってもらい、施術台を昇り降りしてもらう。
痛くないとの事。

私 『更に膝を深く屈伸して下さい。』

男性 『それはコワいので勘弁して下さい・・・』

まだ痛みが残るようなら連絡して下さいと話したが、
不安なのでまだみてほしいと事で来週の予約をとって帰られた。

<2回目>
私 『その後、膝の調子はいかがですか?』

男性 『痛みはなくなりました。』

との事であったが、せっかく来院されたので全身のバランスをとり、
足(膝回り中心)の疲労をとりさり、施術終了。

手術をしなくて済んでホッとされていました!

【院長談】
この方のように半月板変性断裂であっても2回の施術で、痛みが消失される方もかなり多い。
半月板損傷で手術をする前に、是お近くの自然形体院へご相談下さい。

自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
春日久孝

手術後の痛みがとれました

半月板損傷 70代女性

<主訴>
10年前に右膝の半月板損傷と整形外科で診断され、膝内部の骨のかけらを除去する手術をした。
しばらくたっても痛みが残っていたので医師に尋ねたところ
『痛みについては完全に消失できなかったようです、手術は成功しました。』
とのコメントをいただいたとの事。

最近では、右膝だけでなく左膝まで痛くなり、満足に歩けない状態になる。
そして、娘さんの紹介で当院に来院。

<状態>
右膝は腫れてむくんでいる。
水も抜いた事があるようだ。
膝は45℃くらいまでしか曲がらず、曲げると痛い。

<施術>
まず全身のバランスを整える。
次にマザーキャット、マザーキャットクッションを使い、膝上、膝下の緊張をとる。
最後に膝の真ん中の腫れをとり、膝関節を調整したところ、
45℃→90℃くらいまで曲げても痛くない状態になった。

また、膝以外にも左手首に痛みがあるとの事だったので、手首の痛みもとって本日の施術は終了。

【院長談】
当院では、半月板損傷の手術をしても痛みがとれない方への施術も対応しております。
お気軽にご相談下さい!

 
自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
春日久孝

手術しないで済んだ半月板損傷50代男性

半月板損傷 51才 男性

<主訴>
自分では原因がわからないが、だんだんと膝が痛くなった。
1ヶ月後、整形外科でレントゲンをとったが、とくに損傷はひどくないので温存療法でようすをみましょう。とのこと。
なかなかよくならないのでMRIで再検査をしたところ、左側内側の半月板損傷と診断を受けた。

整形外科ではリハビリを受けてもよくならず、今月にはとうとう手術を勧められた。
手術受けたくないとの事で、インターネットで検索して当院にたどりついた。

<施術>
まず身体のバランスをとってから、膝の裏側の筋肉の緊張をMCCで解消する。
仰向けに寝てもらい、膝の曲げ伸ばしをしてもらう。
この時点で、最初は30度位しか曲がらなかった膝が45度位まで曲がる。

今度は、大腿の前方の緊張をとりさり、膝の関節のズレを修正、再度曲げてもらう。
膝はさらに曲がり、足を伸ばしても痛くないとの事。

男性「こんなに膝が曲がるのは久しぶりですね!」との事。

その後、左肩を上げると痛いとの事で、上がるようにと調整する。
最後に立って歩いてもらい、痛みがとれた事を確認してもらう。

男性「こんなに膝を曲げて上げられるのも久しぶりです。
階段は足を回すようにのぼっていましたが、これなら普通にのぼれます。不思議ですね!」
とのコメントをいただき、本日の施術は終了。

手術と宣告されてもあせることはありません。お気軽にご相談ください。
 
 
自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
春日久孝

バレエで痛めた右膝の痛み

37歳 女性 会社員 バレエ右膝の痛み
病院での診断名  半月板損傷

経緯

約2年前半月板損傷で来院。
その後順調にバレエのレッスンも出来ていた。
今年の5月頃から再び痛み出す。

主訴

バレエのレッスンのときにジャンプをすると痛い。
膝をしっかりと伸ばして爪先立ちをすると痛い。

話を聞いてみると順調にレッスンが出来るようになり、痛みもないため
いつの間にか関西予防医術研究所で講習を受けた自己療法をしなくなった。

それと部署が変わり沢山の書類を持つことが多くなり
「ぎっくり背中」になったとこと。
自己療法を怠っていると次第に体の歪みが戻り
再び膝が痛くなるような原因が出てくる。

近くの接骨院に通っていたらしいが変化がないので
京都に行ったほうが早く回復すると確信を持ってきたとのお話。

もちろん今回の痛みの原因を突き止め、施術したらその場で痛みは解消しました。

自然形体療法独自の施術道具のMCとMCCを使う事で筋肉の癒着や緊張を
心地よく解消出来ます。

「どうしてこれで簡単に変わるのですか?」って聞かれます。
私の師匠である自然形体療法創始者故山田洋先生が、身体のメカニズムを
研究してこられた結果この道具に行き着いたのです。

本当にすごい道具を故山田先生は作ってくださったといつも感謝の思いが出てきます。
この道具のお陰で痛みを訴えて来院する方もいち早く痛みから解放されています。

膝や股関節の痛みで病院に行き、半月板損傷、変形性膝関節症や股関節症と診断された方が
毎日全国各地から来られます。

どのような方が来られても精緻に構築された治癒理論と、6000にも及ぶ手法を
正しく行えば来られた方に笑顔が戻ってきます。

関西予防医術研究所

京都府京都市下京区南不動堂町805
アパガーデンコート京都駅前1001
電話075-352-6021

滋賀県長浜市八幡中山町143
コーポTAMENAGA201号
電話0749-65-3837
中村美由紀

ゴルフで痛めた半月板損傷

     
 男性  69歳  東京都  趣味ゴルフ

病院での診察結果・半月板損傷
     
主訴      ・左膝が痛い
         最初はゴルフのプレイ中に痛める
         その後、歩いても痛い、ひねると痛い、階段の昇降時痛い

施術結果    ・足が軽くなり階段の昇降時の痛み解消
           
     
「半月板損傷と病院では診断されて、手術は嫌でこちらのホームページを探しました。
東京にも自然形体療法があるようですが、こちらのホームページが大変気にいりました
ので」
と電話が入りました。

ホームページには自然形体の治癒理論と施術法を詳しく説明しております。
自然形体療法は常に『本物』志向。HPにも事実のみを書く事にしています。
            
とはいっても、初めてこられる方は「何とかこの痛みを。」そして「本当かな。」と
期待と不安の思いで来られます。

まず、所長の問診からはいります。

人生経験豊かな人柄に加え、子供の頃より股関節骨頭壊死という病気で
ギブス生活を送り
51歳の時、自然形体に出会うまで苦しんだ経験を持つ所長だからこそ
共感できる事があります。
            
30代の頃からやっている大好きなゴルフがまた心置きなく再開できるようにと
来られたこの方。

全身の歪みの検査から入ります。

ご本人に確認して頂きます。
「ほー やっぱりね。」とご本人。

痛みが出る前から、腰はだるい、足は重いと感じられていたそうです。

自然形体の施術道具マザーキャットは、筋肉の癒着を取るものなのですが、
「気持ちいいですね。ポンポンというあたる音も心地よくて寝てしまいそうです。」

聞くとマッサージ機で毎日1時間が寝る前の日課だそうです。

強く揉んでしまうと、筋繊維が傷ついてしまいます。繰り返すうち癒着してしまう。

筋肉の癒着はマザーキャットの独壇場。これを使って癒着を解消し筋繊維を整えます。

「えーっ?強くすると駄目なんですか!・・・」

と、お話している間に眠ってしまわれました。
ここではよくある光景です。

足だけでなく全身が心地よく緩んでいくからです。

・・・施術後、立って頂くと

「軽い!足が上がります!」外の階段に行って確認。

「階段も大丈夫です!」

ゴルフのスウィング時も痛みはでません。

この状態をキープする為に、その方にあったオーダーメイドの体操を受講されました。

これは自己療法といってご自宅で出来る自然形体両方独自の手入れ法です。

今の負の状態から正常へ。

それだけでなく再発予防に、

万一痛くなった時も自分で痛みが解消でき、一生使えるものです。

この方も早速覚えて自分でやってみて、予想以上の効果を確認し感動して下さいました。

「この施術は本物です!これでゴルフが出来なくなるのではと思ってましたが、
本当に来てよかったです!皆さんは命の恩人です。」

大絶賛で新幹線に向かわれました。

関西予防医術研究所

http://hiza.uno-shizentai.jp/

京都府京都市下京区南不動堂町805
アパガーデンコート京都駅前1001
電話075-352-6021

滋賀県長浜市八幡中山町143
コーポTAMENAGA201号
電話0749-65-3837
白越和子
           

半月板損傷(手術後)

約1年前 半月板損傷の手術を受け

28歳 男性
職業・消防士
趣味・柔道

柔道の指導中膝がロッキング状態になり病院に行き半月板損傷と診断を受け
手術を受け1年間リハビリに努め仕事にも復帰レスキューなどの基礎訓練など
ハードな毎日と現在もスポーツ少年団に指導員として柔道を伝えているそんなさなか

平成26年5月膝に痛みが再発し、ふと頭に再手術かと浮かぶが再手術をしないで
何とかならないものかとネットを検索,

当院、症例ブログを見つけ半信半疑で少しでも痛みが軽くなれば儲けものぐらいの
気持ちで予約の電話を入れる。

平成26年5月初旬初来院
身体全体の施術をし歪みと緊張を取ってから膝への施術をおこない、
施術台の上で正座をするように伝える。

恐る恐る正座をする、
ご本人:できた痛くない(笑)、手術後正座をしたことなかった。

2回目1週間後来院
私の質問:来院以前に膝の痛みとこの1週間では痛みの具合はどうですか?

ご本人:以前の痛みが10とすると2~3位です。

膝への手法を施し膝の屈伸をしてもらう。
ご本人:痛みはないです。

3回目1週間後来院
自分自身の柔道の練習を再開してみたら膝が外れて自分で入れ治したが、
通常の生活ではほとんど痛みは出ないとの事。

次回の来院までの膝へのセルフケアーを伝える

4回目1か月後来院
生活において痛みは出なくなったとの事。
仕事中も柔道の練習中も膝を内に捻った時に膝が外れやすい、

車の乗り込みに右膝に体重が乗った状態で内転する動作が膝に負担を
掛けているのを軽減する乗り方を伝える。

5回目1か月後来院
前日柔道の稽古をして身体中の筋肉がパンパンに張っていて施術を受け
とても身体が軽くなりました、膝の外れる回数が減ってきていますとの事

次回の予約を入れて、今回は終了。

再手術を回避できるよう努めてゆきましょう。

やまがた自然形体院

山形県山形市南三番町10-31

電話090-3759-1369

大河内勇

登山で痛めた半月板損傷

44才 男性 登山 愛知県

右膝半月板損傷

昨年11月末登山の途中に山道で転び右膝内側を強打した。
病院で半月板損傷と診断を受ける。

クリスマスくらいまで足全体が黄色くなっていた。

その後接骨院で電気治療を受けていた。

しかし痛みが一向に変わらないのでインターネットで検索し来院。

主訴
・立ち上がった瞬間から30~40分は痛い
・足を曲げて座っているのも痛いので足を上げている
・寝返りが出来ない

施術を開始する。
筋肉の過緊張や癒着をMC、MCCで施術していく。
みるみる筋肉の緊張がとれていくのがわかる。

すばらしい道具を山田先生が自然形体療法に残して下さった事に
感謝の気持ちでいっぱいである。

この道具のおかげで何人の患者さんが回復され喜んでおられるかわからない。

この患者さんもその1人である。

施術途中で立ってもらうと「あれー、痛くない!」と不思議そう。

寝返りをしても痛くない。

曲げた時の痛みも消失した!

残るは体重をかけて曲げた時に出る痛みだけ。
この痛みも数秒後には消失した!

後は自分でケアすることを指導し終了。

これからも元気に登山が続けられるようしっかりケアして下さいね。

ご本人の感想です

今普通に歩けている事が・・・不思議です。
痛みもほとんど消えてビックリ!
自己療法も丁寧に教えていただきありがとうございます。

関西予防医術研究所

京都府京都市下京区南不動堂町805
アパガーデンコート京都駅前1001
電話075-352-6021

滋賀県長浜市八幡中山町143
コーポTAMENAGA201号
電話0749-65-3837
中村美由紀