全国半月板損傷専門治療院 

半月板損傷は手術しないで回復できます。全国の半月板損傷治療の専門家をご紹介します。
ブログ

症例・半月板損傷

50代 女性 

10年間以上、ジムへはよく通い、体を動かしてきた。

1年前にストレッチがきっかけで、右膝の内側を傷める。

痛みはあるものの整骨院に通いながら、ジムには通っていた。

約1カ月前、歩く機会が続き、その後膝の痛みが悪化。
足を引きづるくらいになってしまう。

整形外科へ行くと、半月板損傷と診断される。水を抜かれ、手術を進められる。
説明に納得がいかなかったようで、いくつか専門の整形外科を受診するが、手術が一番良いと言われた。

しかし、手術には抵抗がありいろいろと治療法を探していると、当院のサイトを見つけ問い合わせをした。

状況や痛みの出かたから、おそらく当院の施術で短期間で良くなると判断し来院していただくことに。

●初回
今は足を引きずるほどではないが、歩行でも痛い。深く曲げると痛い。
膝内側にピキッとした痛み。

検査をすると、骨盤がひどく捻じれ、膝にも大きく影響している。膝も伸びきらない。
大腿の外側は硬くこわばっている。

骨盤の歪みを修正、膝周辺の疲労や腫れを解消する。
MCCを使用し膝関節を無理なく広げていくように施術。

痛みを確認すると、歩行での痛みは消失。
方向転換で少し捻じれるような動きは少し痛い。
ある程度深く曲げても違和感のみ。
器質的に痛めている部分もあるので、晒でホローするとさらに楽に歩ける。

日常の注意と、ストレッチをお伝えし終了。

●2回目
この3日間ピキッとくるきつい痛みはなくなった、歩行はかなり良くなった。
階段や立ち上がりでの痛みはある。
歪みが多少戻るが、術後は歪みなくなり、色々な動きでの痛みもさらに軽減。
膝が良く伸ばせるようになってきた。

「ほんとに良くなって、すごいですよね~」と感想をいただく。

●3回目 1週間後
正座までできるようになる。しかし、痛みよりりツッパリ感が残る。
長く歩くと違和感が出る。

その後1週間に1回のペースで3回の施術をする。
途中、様子見でジムのワークにも参加できるようになった。
日常ではほぼ気にならないが、無理をすると違和感が出るくらいと、胡坐がしずらいのが残る。

その後も月に1度はメンテナンスに来られ、すこしづつ良い状態になり、ジムに復帰された。
半年経つが歪みも悪化もなく、良い状態が続いている。

「月に1度でも施術を受けておくと、膝だけでなく、すごく体調がよいですよ」と感想をいただく。

このような症例が1つや2つではありません。

また、この症例のように痛いのは膝ですが、骨盤の歪みとの関連で痛め方がひどくなっていることもあります。
この場合、膝だけ施術をしてもさほど良くなりません。

組織の完全断裂や、壊れ方がひどい場合はやはり手術をしなければならないでしょう。
この場合は何をしても痛く、少し動かすのも大変だと思います。

非常に多いのが、動けはするがなかなか痛みが取れない方や、特定の力のかけ方で痛む方です。
このような場合にはとても有効で即効性のある施術です。

お悩みの方は是非1度ご相談ください。

※症例日記は個人の施術ケースであり、得られる結果には個人差があります。

************************************************
相模原市 緑区 橋本の整体院 さがみはら自然形体院
************************************************
膝痛 オスグッド、かかとの痛み、有痛性外脛骨
肩こり、腰痛、 首こり、頭痛でお悩みの方
今までにないやさしい施術で本来の健康な体に戻します。
************************************************

さがみはら自然形体院
神奈川県相模原市緑区橋本2-12-5 ハイツイトウ103号室
070-5010-7764
石川顕太郎

徒手療法を学ぶなら自然形体療法が最高です!

自然形体療法スクール

自然形体療法は整体手技療法分野でトップレベルの施術法です!

自然形体療法
    

これ以上バスケを休みたくない。明日のバスケットボール試合に出たい!!両膝半月板損傷

腸脛靭帯炎・シンスプリント・両膝水が溜まっていると診断

・主訴・・・
小5からバスケットボール始めましたが左足裏種子骨障害・左膝たな障害・
左膝関節拘縮などの故障今までにあり。

8月末から
●右膝内側にバスケットボールをしていると痛みあり
●走るとズキッと痛い
●膝内側強く押すと痛い
●歩行中に右膝がずれた感じ

・状態・・・
身体全体に歪みあり。
疲労溜まっているようで背中・臀部~両下肢にかけてパンパンの状態。

・初回施術・・・
伏臥位である部分に1箇所触れると瞬時に全身の歪み取れました。
MC・MCCにてパンパンになっている臀部~両下肢の疲労と緊張とる。
右下肢+腰背部施術

ここで確認のため全力で走って頂くと
『右足は痛くなくなった』
右膝内側の痛み消失!!
『今は左膝前が痛いです』と左膝皿下を指さされました。
右膝の痛み消失することによって左膝も痛かったと分かってきたようです。

左膝の施術し走っての確認
『全然痛くないです。何もないです!!』
施術風景をご覧頂いていたお父様不思議そうに
息子さんに『ほんまにいたくないんか?さっきまで痛い言うとったのに・・・』と
おっしゃいましたが・・・
『うん!!何もない』とのことでした。
左膝皿下の痛み消失!!
『明日の試合出れるね』とこちらから声かけると嬉しい表情でした。
本日で施術終了。


愛自然形体院 膝専門
大阪府泉南郡熊取町小谷南3丁目3-10
090-1442-1502
藤木美和

外側半月板損傷 40代女性

45才 女性 ヨガインストラクター

7月末頃、右膝をねじった格好でイスから立ち上がる。
その時に膝がズレた感じになった。

だんだん痛くなって整形外科でMRIをとったが、痛みの原因がよくわからないとの事。

日増しに痛くなり、9月にはとうとうロッキング!

整形外科で再度MRIをを撮ると、右膝外側半月板損傷との診断を受ける。

インターネットで膝のことを調べているうちら当院のブログを見て来院。

<主訴>

①右膝を曲げ伸ばしして後ろにグッと入れると痛い。
②まっすぐに歩くと痛くないが、方向を変える時に痛い。
③長くイスに座っていて、立つ時に痛い。
④しゃがんで立ち上がる時に痛い。

<状態>
骨盤のズレあり。
右大腿の外側にハリが強い。
腰椎がかたい。
膝蓋骨靭帯が膨張している。

<施術>
全身のバランスをとった後、右足全体の疲労をとる。
そして膝回りの疲労をよくとった後、膝の動きを調整。

<検査→施術>
立ってもらい、屈伸すると外側の痛みはとれたが内側の痛みが強くなった。

もう一横になってもらい、内側の施術。

立って屈伸してもらい痛くないまでに回復。

最後に立ってもらい両足に体重がバランスよく乗っているかを確認。

右足が短くなっているとの感覚。

立位で骨盤を調整。

患者さん「お!両足が伸びた久々の感覚」とのお言葉をいただき本日の施術は終了。

【院長談】

今回の方、一度目のMRIでは、原因がわからない、とのことだったが、二度目のMRIでは半月板損傷と診断された。

関節がズレたまま動いているうちに損傷したのではないか?

本来であれば一度目の何もなかった時に施術を受けていれば、損傷しないで済んだ可能性も高い。

痛みはガマンせずに、相談していただきたい。


自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
春日久孝

階段から落ちて痛めた膝の痛み

H28.7月来院 半月板損傷 20代女性

<主訴>

1年半前にアパートの階段で落ちて左膝を痛めた。
整形外科でヒアルロン注射を打ったりしたが、良くならずホームページで当院を知り来院。

<状態>
左足の筋の張り、筋繊維の癒着 関節のズレあり。
首~肩の張りも強く猫背。

<施術>
身体のバランスを整え、全身の疲労をとりマザーキャットを使用し筋繊維の癒着をとり膝関節の修正をする。
次に股関節や足関節の可動域を確認し広げていき、ズレの修正。
最後に骨盤の調整をし終了!

1回目、足をひきずっていたがスムーズに歩けるようになった。
2回目、同じ姿勢でいる時と、階段の昇り降り時の違和感があったが解消した。
3回目、違和感や痛みはなく時々音がするとのことだったが、術後は改善。

週一回の施術を行い、3回で終了した。


自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
尾和真由美

水泳(平泳ぎ)で痛めた膝の痛み

半月板損傷 野球部 高校生男子

昨年の3月に野球で肩を痛めて当院に来院している。
当時、一度しか来院していないので、肩は一回で治ったの?と聞いたところ「ハイ」と答えた。
そこで、今日はどこが痛いか聞いたところ、膝です。とのやりとりで問診が始まりました。

<主訴>
昨年の9月に水泳の授業で平泳ぎをした。
その際に右膝がボキッと音がしたそうだ。

整形外科でのレントゲン結果は、半月板損傷の疑い。
湿布をもらって貼っていたが、治らなかったらしい。

野球はそのまま続けていたが、膝が痛みで最後まで伸びない、
常に膝に違和感があるとの事でついに母親に相談して、来院。

<施術>
いつものように、身体のバランスをМCCで調整。
特に内転筋の筋繊維の癒着がひどい。
鉄のワイヤーが一本はいっているようだ。
癒着をとったあとは膝のお皿の動きを丁寧に調整し、

ついでにガチガチの腰回りの筋肉を柔らかくして確認。

いつものように屈伸をしてもらい、膝を最後まで伸ばしてもらう。
痛くないです!との言葉をいただいた。
簡単なストレッチを教えて終了。

【院長談】
こちらの高校野球児に
「どうしてもっと早くこなかったのか?」と、聞いてみた。

母親曰く 『治療院に行って、先生にしばらく野球をやったらダメと言われるたら困るなと思ったので』
母親にも内緒にしていたらしい。

施術が遅れれば遅れる程、半月板が痛み割れたり、劣化してしまうケースも多い。

早ければ早いほど良くなりやすい。
ひどい痛みでも練習を続けたり、試合にでる方法もあります。

痛みはガマンせず、早くご来院下さい!


自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
春日久孝

半月板損傷、手術後の痛み

半月板損傷、手術後の痛み、2回の施術で運動復帰!
今度は右膝が抜けるようで変な感じ

16才  男子  高校生  サッカー  奈良県

・主訴
右膝が抜けるようで変な感じ
歩行時左薬指が痛い

約2ヶ月前に半月板損傷の手術後の痛みから解放され運動復帰した少年のお母さんからの電話。

2日前、部活から帰る電車から降りる時右膝に力が入らなくなった。
階段を上るのも大変な状態で手すりを持ちながら何とか階段を上り家に帰ったとのこと。
慌てて当院で教えた身体を整える体操をしてから寝たら朝には直っていたとのこと。

手術をした左膝はまったく痛くなくなったので身体を整える体操もちょっとサボっていたらしい。
今回は右膝が左の時と同じような痛みらしく自分では手術を考えていたみたいだがお母さんは
絶対に手術は避けたいと電話を掛けてこられました。

関西予防医術研究所では以前に手術を左右で計6回したという患者さんが来られたことがありました。
今度は7回目の手術を宣告されたが、もう手術はイヤだということで来院し自分で手入れをする自己療法
をお教えし、ようやく手術をしなくても仕事が出来るようになったという方がおられます。

そのことをお母さんに伝えるとそばで聞いていた息子さんがビックリして施術の予約を入れました。

施術をすると筋肉がパンパンでアキレス腱まで太くなっている。薬指が痛くなってもおかしくない状態だ。
話を聞いてると年末に薬指が痛くなり、その後右膝がロッキングしたとの事。合宿は何とか怪我もなく
帰ってきたので早く施術に来たかったらしい。

お母さんに家で出来ることをお教えしフォローしてもらうようにする。
施術後動かしてもらうと
彼「痛くない!」と笑みを浮かべる。
お母さん「えっ、ほんまに痛くない?あれだけ痛いていってたやん。」
彼「ほんまに痛くない!左膝も手術前に来てたら良くなったかも知れんなあ」と話す。

お母さん「左膝がまったく動かなかったのが動くようになって、正座も出来るようになってこの子は
ここで直してもらったというのがすごく大きいんです。」と話される。

私「手入れをすれば良い筋肉になるしもっと軽やかに身体が動いて良いプレイが出来るようになるよ。
走るタイムも上がるし、サッカーをこれからもやっていくんだったらちゃんと手入れしないと、
後は自分次第やで」と話す。

お母さん「お父さんにも同じこと言われたなあ」と話される。
彼大きくうなずいている。

これを機会に身体の使い方を考えて怪我のない選手生活を送って欲しいと思います。
お教えした自己療法を持続していれば、こうした痛みで苦しむようなことはありません。

関西予防医術研究所

京都府京都市南区西九条蔵王町53
ケンジントンハウス406号  電話075-661-1662

滋賀県長浜市小室町555      電話0749-53-4321
中村美由紀

半月板損傷手術後の痛みから運動復帰へ!

半月板損傷手術後の痛みから運動復帰へ!

16才  サッカー少年  京都市

主訴
・階段を降りる時痛い
・正座が出来ない
・膝を深く曲げられない

病院での診断   半月板損傷

昨年半月板の一部を削除する手術を受けている。
手術後は順調だったが高校入学後サッカーに復帰したところ再発した。

最初に全身の状態を細部にわたって検査確認し、再発に至った原因を探る。
突然再発することはない。再発する原因が隠れている。

その原因は手術前からあったものか、手術後に派生したものかは不明。
再発事例で多く見られるのが、「身体の歪み」

身体が歪んでいるということはいわゆる不自然体。不自然な体を維持し、
動かすには常に余分な緊張状態を伴う。余分な力が入る。

この少年も両足、腰背部、首肩まで過緊張状態である。

「なんでこの子は何度も足が悪くなるんでしょうね」というお母さんの
ごもっともな質問に一つ一つ説明を加えていく。

なぜ身体が歪むのか、筋肉が硬くなるのかを
お話しながら施術を進める。

お母さんも日常的に気になることは話すという。帰って来たらからだのケアをしなさい。
姿勢を正しなさい。しかしなかなか聞いてくれないという。

今日実際に施術を受けながら、説明を加えていくと身体で違いがはっきりわかる。
ご本人は体感して初めて納得し、いったんそうなれば素直に話を受け入れてくれる。

「ほら、お母さんがいつも言ってる事でしょう」本人もうなずくしかない。

こんなソフトな刺激で筋肉がみるみる軽くなっていく。
片足だけ施術して足踏むしてもらうと「わー軽い・・!」びっくりしている。

右肩の施術をして動かしてもらうと「えっ!な~に。軽~~い!」
「左肩重~い」と言う。左肩の施術をすると「軽い!さっきと全然違う」。

骨盤も2方向に歪み、背骨も湾曲していた。今まで余程身体の力が抜けていなかったのでしょう。

施術後身体を動かしてもらう。「全然違う!軽い!!」と素直にビックリしている。

さて問題の膝。

これまで曲げると痛いという条件反射回路ができていて曲げる前から緊張が入ってしまっている。
予期不安のなせる業。脳が痛みを避けるため膝の屈曲時、力を入れて防御している。

この脳の条件反射回路を修正しないと素直に曲げられない。

独自の方法で脳の記憶を少しづつ修正していく。
施術前より膝は深く曲がるようになったがまだ曲げる動作が怖いらしい。
角度が深くなっていくと動きが急に遅くなる。

何度か記憶の修正動作をしながら動かしていくと徐々に動きが滑らかになっていく。

今度は屈曲から伸ばす動作時に膝内側に痛みが出た。補助をして動作をすると痛みが消失した。
一つ一つ原因を探り修正、解除、していけば痛みは消えていく。間違った脳の記憶も修正されていく。

施術後、自己療法をお母さんと一緒に受講。
半月板損傷といっても原因は千差万別。痛む場所も、痛む動作も、痛みの種類もみな違います。。
関西予防医術研究所ではその方の原因を正確に把握して、その方にあった手入れの仕方を
自己療法講座の受講者に個別にお教えしています。

自己療法で教えた通り自分で手入れしていってもらうと筋肉の緊張も解消されてますます
身体が滑らかに動くようになってきた。
歪みも取れて姿勢が良くなり身長が伸びてきた。すっきりした体になっている。

お母さんが「背が伸びてるわ!!」と驚いている。
サッカーを継続するには正しい手入れ。それを継続していれば再発しません。
万一痛みが出ても教えた通りにすれば自分で解消できます。!

1週間後2回目来院。
自己療法を家でするうち徐々に屈曲が出来るようになった。

正座もできます!とのこと。

そのあと自己療法の点検・修正をして終了しました。。

1週間後母さんから電話がありました。
「おかげさまでサッカーに復帰して帰ってくるとお風呂上りにちゃんと自己療法やってます」
と嬉しい報告をいただきました。

関西予防医術研究所

京都府京都市南区西九条蔵王町53 電話075-661-1662
ケンジントンハウス406

滋賀県長浜市小室町555      電話0749-53-4321
中村美由紀