全国半月板損傷専門治療院 

半月板損傷は手術しないで回復できます。全国の半月板損傷治療の専門家をご紹介します。
施術症例『右膝半月板損傷と左足首の痛み』

施術症例『右膝半月板損傷と左足首の痛み』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

施術症例『右膝半月板損傷と左足首の痛み』

50代 女性 趣味:バレーボール

21年2月、両膝半月板損傷、内視鏡手術をおこなう。

手術後は膝裏の筋トレ等リハビリをおこなう。

手術後もスポーツをするとすぐに水がたまる。正座ができない、膝がまっすぐ伸びない。

今年の春先、師匠の施術を受けてスポーツをしたのちの痛み、水のたまりが1回でなくなる。その後調子よく過ごしていたが、8月ころからまた水がたまってくる。

タイミングよくOpenのDMが届き、なかむら自然形体院へ来院。

現在は横になったとき、高い椅子に座り足をぶら下げている姿勢、脱力した状態で動かすと激痛が走る。

ほかに左足首、外くるぶしを伸ばした後に痛みがある。

膝は大腿からがちがちに固まった状態。痛みがではじめてからもバレーボールを続けていて、来院前の週末に3試合ほどしてひどく痛くなる。

まずは大腿からの張り、癒着をとっていく。

しばらくして足を伸ばす動作は痛みがなくなった。

大腿裏、ふくらはぎの張りを入念にとっていく。

時間はかかったが、脱力時、動かしたときの痛みはとれた。

これで好きなバレーができると喜ばれていた。

足首は動きの修正をおこなうとすぐに痛みがとれた。

以前、師匠の施術をしたときに、膝靭帯の剥離があり、靭帯が緩んでいると指摘されたそうだ。

まだ靭帯の剥離が見受けられたので、自己ケア方法を伝え終了した。

まだ完全ではないが、とりあえず現状の痛みがとれたので、継続した施術、またケアを入念におこなうようにして、好きなバレーボールを続けられるといいですね。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>