全国半月板損傷専門治療院 

半月板損傷は手術しないで回復できます。全国の半月板損傷治療の専門家をご紹介します。
半月板損傷と診断されて、手術か温存かの選択

半月板損傷と診断されて、手術か温存かの選択

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

36歳 男性 デスクワーク

2年前から右膝に痛みがあった。
軽い痛みだったので、そのままスポーツを続けていた。

接骨院で治療を受けていたが変化が無く整形外科を受診した。

診断は、半月板損傷で内視鏡手術を受けるか温存かの選択で
迷われていましたが、7年前にも右ひざの前十字靭帯断裂と
半月板の縫合手術を受けており、手術をしたくないとの事で
HPで検索して来られました。

現在の症状

2年前から右ひざを、ひねる動作をするとチクチクと痛む。
階段を降りるときに痛む。

触診をしていくと、手術後の傷のところが固くなり、
触ると痛みを感じました。

大腿から脹脛にかけてMCCクッションを丸めてポンポンし、
疲労と筋肉の癒着を解消していきました。

膝の手術跡から周りにかけて、筋肉の癒着、剥離痛があり
マザーキャットで癒着を解消し、剥離していた筋肉の修復をする手法で
触っても痛みはありませんでした。

1週間に1度、計3回の施術で終了となりました。

3か月後に膝の曲げ伸ばしと、脹脛に張りがあると来られました。

「お正月のお休みの間に、続けてバスケットをやり疲れたのかもしれません」と患
者さん。

施術後は、痛みも張りもなくなりました。

IMG_20150129_103915(2)

 
寺田自然形体研究所
静岡県藤枝市高柳1663-1
054-636-0843
寺田千恵美

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>