全国半月板損傷専門治療院 

半月板損傷は手術しないで回復できます。全国の半月板損傷治療の専門家をご紹介します。
半月板損傷で右膝内側が痛い

半月板損傷で右膝内側が痛い

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

半月板損傷で右膝内側が痛い

54才 女性 主婦 福井県

4月20日に猫をまたいだ時に右膝がずきっとした。
痛みが引かないので病院で診察を受けた。

半月板損傷と診断、1ヶ月様子を見るということで痛み止めと
シップをもらった。

1ヶ月後病院に行ったが変化が無いのであと1ヶ月様子を
見るように言われた。

しかし歩くのも痛い状態で先が見えなくて途方にくれていたところ
友人がインターネットで検索してくれて来院。

半月板損傷の主訴
・歩行時痛い
・屈曲で痛い
・階段の下りが痛い
・方向転換で痛い

・他に椎間板ヘルニアで常に左臀部から足先がしびれている
(5.6年前からこのような状態)

施術を進めていくと左臀部の痛みと足先のしびれが気になる様子。
膝の施術を進めながら腰の施術をしていく。

筋肉の癒着や過緊張をMCとMCCでとると痛みが軽くなり、左臀部が楽になってきた。
施術終了時には臀部の痛みと痺れは消失した。

自分ではこんなもんだと諦めていたと言う。

膝の状態を確認すると痛みが残った。
そこで△△をしてもう一度歩いてもらうと痛くない!

膝の痛みの原因を話して来週も予約を入れて終了。

1週間後2回目の施術。

左臀部の痛みと右臀部の痛みも出てきた。
膝の痛みも戻っているが原因がわかっているので慌てることはない!

施術を進めていくと右臀部の痛みはすぐに解消。
左臀部の痛みも施術を進めていくと消失!痺れもなくなった。

起き上がって動いてもらうと「久しぶりにこんな事ができます!
今までこんな事出来ませんでした!!」と嬉しそう!
(起き上がるときや立ち上がる時に痛かったと言う)

この痛みは自分でも日頃から改善するようにケアすることが必要である。
自分でもケアしていけば改善していく可能性大である。

結局、長年痛みを我慢してきたことで歪みや筋肉の過緊張が増幅し今回のような
ちょっとした事が膝の痛みを引き起こす引き金になった。

根本から身体の改善をしていくことで再発の防止、快適な生活を手に入れてもらいたいと思う。

施術後膝の痛みを確認、歩行はOK。屈曲は△△をするとOK。
その他の膝の痛みも解消した!!

今後は家でも身体の手入れをしていただくよう指導して終了しました。

関西予防医術研究所

京都府京都市下京区南不動堂町805
アパガーデンコート京都駅前1001
電話075-352-6021

滋賀県長浜市八幡中山町143
コーポTAMENAGA201号
電話0749-65-3837
中村美由紀

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>